迷子メール
クリック

福岡県  F野 様

2017年12月5日にご注文いただきました福岡県のF野様。

もっと見る

【ピューターってなに?】 ピューター製のアクセサリーについて

お気に入りのジュエリーブランド

 
先日好きなブランドのシルバーリングを購入しました。
キリスト教文化、ゴシック様式の建築や美術などの西洋美術からインスパイアされたシルバーアクセサリーを作られる方です。
 
ユニセックスジュエリー【saruvo/サルヴォ】
 
個人で制作をされている作家さんで、あまり多くのお店に卸しているわけではないようで、香川県では販売しているお店がありません。実際に手にとって見てみたいのですが取扱店が近くに無いのではどうしようもなく、何年も前からホームページを見ては惚れぼれとしておりました。
 
実際、クイール・キャラメリゼでもお取り扱いさせて頂きたくてお願いしたのですが、お取引となると問題が多々あるようでお断りのお返事をいただいてしまいました。今もって大変残念に思っていますが、致し方ありません。
 

サイトには製作過程も掲載されていて、もの作りが大好きな私は、完成作品よりも製作過程の方をよく眺めています。更新は制作ペースに合わせてゆっくりアップされます。日にちをあけてちょっとづつ更新される「新作の制作に取り掛かりました」、「原型完成!」などのお知らせを見るのはとても楽しみです。
 
時折ハプニングも起こっているようです。
 
「キャスト屋さんから『こんな複雑なのできない』と連絡がありました」
「どうしてもう納得できず、リリースを断念しました。」
 
そんな時は自分が作家のような気分になって一緒にがっかりしたりもします。楽しみにしていた新作がリリースを断念されてしまうととてもがっかり・・・。
 
 

制作について

 
ワックスから形を削り出す様子、細かいパーツをロウ付していく様子、どの石をセットするか悩んでいる様子…
こだわりと素晴らしい技術を持ってひとつの作品を仕上げていく様子。
制作を進めてきたものの納得が行かず、修正していく様子。
一人の作家が試行錯誤しながらこんな風に作っているんだ、というさまを見ると、益々完成したシルバーアクセサリーが素晴らしいものに感じられてきます。
 
アクセサリーの素材は主にシルバーを使われていますが、オーダーするとゴールドやプラチナでも製作して頂けるようです。オーダーメイドも受けて下さるので、持っているルースをネックレスなどに仕上げていただくことも可能です。ちなみにサイズ調整や、着用に邪魔になる飛び出したパーツを削って低めに仕上げるなどの調整もしていただけます。好きなジュエリーを心地よく使えるようにという配慮ですね。
 
20代の頃まではゴールドのアクセサリーに良いイメージを持っていなくて、成金趣味のど派手なアクセサリー(ゴールド好きな方申し訳ありません!これは完全に若造の偏見だったと反省しています。)だと思っていましたが、繊細で大人っぽいデザインの物も沢山目にするようになり、今になってようやくゴールドの価値も理解致しました。
ゴールド、素敵です!
プラチナはまだその価値を十分理解できていないのですが、40代になると理解できてくるのかもしれません。
 
 

アクセサリーの着用頻度

 
私は愛するアクセサリーは毎日身に着けたいです。出来れば寝る時もお風呂に入る時も運動するときも外したくありません。
たいていのアクセサリーが「入浴時には外してください。」「ご使用後には柔らかい布等で汚れをふき取り収納してください。」等、注意書きをしているのは知っています。
ですが、大事に収納して綺麗な状態のままで保管しておくことよりも、日々の生活に馴染んでつけているのが当たり前になってくれることを望んでいます。また一緒に生活していく中での経年変化も楽しみたいと思っているのです。
 
 

着用を避ける時

 
水に弱いストーンが付いているものは、お風呂や洗い物をする際など水に浸かるときは外します。
それから、リングであればハンバーグを作る際にミンチ肉をかき回すとき。細工の隙間に生肉が入り込んだままになるのはさすがに避けます。
 
冠婚葬祭等、TPOに合わない時ももちろん外します。私の好きなアクセサリーは大ぶりのユニークなデザインのものが多いので、切ないことにあらゆる行事ごとにはたいていマッチしません。
 
 

アクセサリー選びの際の素材について

 
前置きが長くなってしまいましたが、もし私のように毎日身に着けたいという方は、アクセサリーを購入する際には素材をよく見て買いましょう。
 
「ピューター」という合金を使ったアクセサリーはあまり強度がありません。スズが主成分で、これにアンチモンや銅を加えて調整した合金がピューターです。何の表示も無く、お手軽なお値段で売られているものはだいたいピューター製だったりニッケル製だったりします。
 
細いデザインであれば折れやすい、ゆがみやすい、ゆがんだ部分を元に戻そうとして力を入れるとポキッと折れる、でもその代わりお安く気軽に購入できます。
 
「すっごく気に入った!毎日身に着けよう!」
と思っても、それがピューター素材のアクセサリーで、さらに華奢なデザインであれば、毎日身に着けていると何年も使い続ける前に折れたり曲がったりと破損してしまう事が多いと思います。なのでもし気に入った繊細なデザインのアクセサリーの素材がピューターであれば、壊れることを想定して2~3個購入しておくのも一つの手かと思います。
 
丸い形のブローチや細い部分の無いデザインのものであれば、毎日付けても比較的長持ちします。
 
ちなみにリングは特に強度が必要なアクセサリーです。ネックレスやピアスに比べてぶつけたりする機会が多いためです。なのでピューター素材のリングの購入は注意しましょう。
 
過去、当店からピューター製の指輪を購入されたお客様がいらっしゃいました。
毎日身に着けていたらすぐ壊れてしまったようで、同じ物を再びご購入。
そして2ヶ月後、再び「一度交換して頂いたのにまた割れてしまいました。リングにもともと問題があるのでは無いですか?」とお問い合わせを頂きました。
そのリングを作ったメーカーにも問い合わせて、強度に関して聞いてみたのですが、ピューターという素材自体がその程度の強度しか持っていないようです。
 
かなり幅広のリングで、そう簡単に折れるようなことは無いようなリングに見えましたが、それでも毎日長期間にわたるの着用には耐えられないようでした。ですので繊細な細身のアクセサリーであればさらに破損の危険性は上がります。
 
ヘビロテするピューターアクセサリーは買いだめして、壊れる度に新しいものに交換することをオススメします。
 
 

金属アレルギーについて

 
金属アレルギー・痒くなる原因になりやすい素材は、ニッケルです。
ニッケルは銀白色でシルバーに似ており、加工性に優れ、錆びにくいため安価なアクセサリーでもっとも多く利用されている金属です。
 
【luccica/ルチカ】の商品にはよく「ニッケルフリー」と表記されている商品が多々ありますが、金属アレルギーになりにくいようニッケルを除いて、なるべく安全な商品を作ろうとしているのですね。
 
【Palnart Poc/パルナートポック】商品も、人に有害にならないものを作るために1年間試行錯誤を繰り返して調合をした金属を使い生産をしているブランドです。
 
シルバーは金やプラチナと並び、金属アレルギーの誘因になりにくい安全な素材です。
シルバーアクセサリーもゴールドジュエリーも、数%銅の成分を混ぜて合金にし、硬度や強度をあげて日常使える製品にしています。
 
私は気に入ったアクセサリーは出来れば一生身に着け続けたいと思っているので、シルバーアクセサリーを購入することがほとんどです。真鍮アクセサリーも良く購入します。時たま贅沢してゴールドを。最近はゴールドでもお安く購入できる10Kの商品などが増えてきました。
シルバーが黒く硫化してくるのも味わいだと考えているので、磨いて綺麗にすることもしません。真鍮も早く味わい深い荒れ果てたような色合いにならないかなと思っています。
 

関連商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top