迷子メール
クリック

福岡県  F野 様

2017年12月5日にご注文いただきました福岡県のF野様。

もっと見る

【シルバーアクセサリー】おすすめブランド お手入れ方法 魅力や歴史など

シルバーアクセサリーの歴史

占星術などでは月と関連づけられる、銀の放つ白く美しい光沢。
シルバーは、その美しい光沢によって広く愛され、聖なる金属とされてきました。
 

その銀の魅力に惹かれた多くの人達は、魔よけの金属として人々に身に付けられ、ヨーロッパにおいては富や豊かさの象徴としての食器にも使われました。
 

また職人達は、シルバーの魅力を余すことなく引き出せるよう、彫銀技術を磨きます。
高い技術からつくられた銀製品は、芸術の域にまで達する物も出てきました。
 

それら芸術品の魔力とも言える魅力は、そのまま銀の神秘性となり、銀は「古より最も愛され続けた貴金属」となったのです。
 

シルバーアクセサリーの魅力

シルバーアクセサリーの魅力は、男性でも女性でも身につけやすいこと、派手過ぎず、さりげなく身につけやすい点ではないでしょうか。
 

シルバーアクセサリーの手入れ方法

シルバーアクセサリーは、日数が経つにつれ黒く変色していきます。

白い輝きを保つためには日常的なお手入れが必要となります。

お気に入りのアクセサリーを、専用の布や液で磨くのも一つの楽しみです。

手間暇のかかるお手入れは、シルバーアクセサリーにより一層の愛着と、長年大切に使いたいという思いを育ててくれます。

 
シルバーの変色は、錆びや酸化ではなく、硫黄成分に反応するために起こる現象です。

空気中の硫黄成分や汗、温泉の成分、パーマ液や化粧品、シャンプー、ゴム製品なども変色させる原因です。

ジュエリーケースの中には、ゴム系接着剤を使用しているものもあり、ゴム系接着剤からは硫化ガスが発生して変色の原因となります。

 
アクセサリーを使用した後は、シルバー専用の布やメガネ拭きなどできれいに拭き取ってください。

そして密閉性の高い袋などに入れて保管すると、変色しにくくなります。
 
また、アクセサリーについた皮脂などの汚れは、中性洗剤で落とせます。

古くなったブラシ等に中性洗剤を少しつけ、ぬるま湯につけながら洗いましょう。

よく水洗いをした後は、ティッシュペーパーや柔らかな布で水分を拭き取って下さい。

参考にしてみて下さい。
 
シルバーアクセサリーのお手入れ方法  

 
お手入れ前とお手入れ後の色の違い
 

またシルバーには、お手入れしない、という選択肢もあります。

使いこむことによって出る自然に変化した色合いは、いぶし銀と言われる味わい深さがあります。

インデアンジュエリータイプのアクセサリーでは、黒く変色する色合いさえ貴重だとされ、数多くのファンが存在します。
 
経年変化が美しいシルバーアクセサリー
 

磨いて白い輝きを楽しむ、お手入れをせずにいぶし銀の味わいを楽しむ。どちらも素敵な魅力があります。
 

シルバーの種類

シルバーの種類は純度によって決定します。

「1000」はピュアシルバー

「950」はブリタニアシルバー

「925」はスターリングシルバー

「900」はコインシルバー

と呼ばれています。

「950」は銀が95%含まれているという意味です。
 

純度の高い「1000」は、柔らかいため傷つきやすく変形する危険性があります。

そのため普段使用するリングやペンダントなどのアクセサリーには不向きとなります。

シルバーの輝きを保ちつつ、日常の使用に耐えるのが「925」です。

純度ごとに名称がついているのも、シルバーが長年愛されてきている証と言えますね。
 

クイールキャラメリゼが選んだ、チャーミングな大人のシルバーアクセサリー

 

英国製の伝統アクセサリー Nick Hubbard(ニック・ハバード)のラッキーチャーム
 
英国ラッキーチャーム、ニック・ハバード 英国ラッキーチャーム、ニック・ハバード
 

身に着けられる最小のアート Hoashi Yusuke(ホアシ ユウスケ)
 
Hoashi Yusuke(ホアシ ユウスケ) Hoashi Yusuke(ホアシ ユウスケ)
 
圧倒的な表現力と精密さ PASSIONE(パッショーネ)
 
PASSIONE(パッショーネ) PASSIONE(パッショーネ)

関連商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top