迷子メール
クリック

神奈川県 A藤 様

2019年4月3日にご注文いただきました神奈川県のA藤様。

もっと見る

古民家カフェで癒しの時間 【cafe ハナアカリ】 ケーキと珈琲 まんのう町 香川県

古民家cafe ハナアカリで癒しのひととき

 
田園の風景の中にあるcafeハナアカリ。

のどかで環境が良い場所にあり、気持ちの良い癒される空間です。
 
cafe ハナアカリ
 

場所は太い道からは少し外れて、やや分かりにくい所。
 

でもそこがいい!

まさに隠れ家的なところです。
 

この日は日曜日。車が沢山止まっていて、すぐに入店出来ませんでした。

席が空くのを30分程度待ちました。
 

その間も4組ほどのお客様と思しき方々が来ていましたが、混んでいるので諦めて帰っていました。すごく人気のお店なのです。
 

1階はカウンター席とソファー席があります。
 
cafe ハナアカリ
 

こちらは雑貨達が入っているケース。
 

昭和レトロなイメージ(*゚▽゚*)

タイムスリップしたような気持ち。
 
cafe ハナアカリ
 

これは若い人は知らないかもしれませんね…

冷蔵庫なんです。

氷と一緒に食材を入れて冷やす構造です。
 
cafe ハナアカリ
 
棚にはお菓子も並んだりしています。
 
cafe ハナアカリ
 

見るもの見るもの珍しい。

よく見るとドアベルっぽい形の猫さんか犬さん?が付いています!
 
 

旬のフルーツが所狭しと乗っかっているケーキの登場!

 
ハナアカリ ケーキ ハナアカリ チョコレートケーキ
 

注文したケーキとジュースはとても美味しい(*゚▽゚*)

幾多のケーキを食べてきましたが上位に入る美味しさ!
 
季節のフルーツタルトとチョコレートケーキ。
 
そして、こちらはかぼちゃのプリンタルト。

 
ハナアカリ かぼちゃプリンケーキ
 

食事にとって環境は大事ですね。

とても居心地がよくいつまでもそこに留まりたくなってしまいました。

このような建物正直欲しい(*´ω`*)

近くにお住まいの方が羨ましい限りです。
 

また来てみたいと思うほっこりするカフェでした。
 

この店を切り盛りする方は、ケーキ屋をやりたいという夢をかなえるために高松の超有名ケーキ店「ルーヴ」で7年間修行して独立し、念願のお店を開いたそうです。
 
ハナアカリ フルーツロールケーキ
 

フルーツのロールケーキとコーヒーもいただきました。

ロールケーキは軽い感じでいくらでも食べられちゃいそう、フルーツの酸味、甘味がマッチしていて美味しい!

(ちなみに飾りの小さなチョコレートが乗っかっていましたが、写真を撮る前に子供が食べてしまいました)
 
ハナアカリ コーヒー
 

コーヒーと合わせて食べると至福のひとときです。
 

ほっと一息。安らぎの空間での楽しい時間でした。

また来ちゃうんだろーな、などと後ろ髪を引かれつつごちそうさまでした^^
 
 

感想

 

最近は空き家が多くなってきて問題になっているとニュースなどでよく耳にします。
古い家屋を放置したまま都会に移り住んだり、古い家は放置したまま新築の家を建てたりする人が多いそう。
 
古い建物には古い建物のいいところがたくさんあります。
曲がった自然な木材をそのまま利用したところ、むき出しの梁の美しさ、
今ではあり得ないような急な階段、経年で色あせた床や壁の風合い。
全てに趣があり、落ち着く空間です。
 

古い建物を上手にリノベーションしてこの様なカフェにするのは大賛成。

正直カッコイイです。欲しいくらいです。

いま現存する古い家屋は残せるものなら残して行ければ良いと思います。
 

当然そのままではなく使い道を見つけてリノベーションするわけですが。
 

この様な素敵なカフェが増えるといいなぁ^^
 

ここでハナあかり様があるまんのう町のデータを少し。
 

まんのう町は日本一大きな溜池の満濃池や国営讃岐まんのう公園があることで有名です。

香川県の仲多度郡に所属し人口18000人程度で人口密度は1平方キロメートルあたり94人(2016年10月現在)の、のどかで自然の多く残る町です。

土器川沿いに国道438号が通り三頭トンネルで徳島県に通ずる交通の一窓口となっています。

 
 

【満濃池】

 

満濃池(まんのういけ)は、香川県仲多度郡まんのう町にある日本最大のため池である。

空海が改修したことでも知られ、周囲約20km、貯水量1,540万tです。

他にも大小900余りのため池を有し、町の南北を土器川(一級河川)が流れます。

 
 

【国営讃岐まんのう公園】

 

「国営讃岐まんのう公園」は、四国初、全国で12番目の国営公園として誕生しました。

総面積350ヘクタールの壮大なスケールを誇り人間との語らい、自然・宇宙 とのふれあいをテーマにした四国における文化・スポーツ・レクリエーションの一大拠点です。

週間少年マガジンに連載されている『ダイヤのA』の作者の漫画家『寺嶋裕二』さんの出身地でもあります。

『ダイヤのA』は沢村栄純(主人公)が、野球名門校で甲子園出場を目指し、エースピッチャーを目指す姿を描く高校野球漫画です。

ちなみにまんのう町ないのいくつかの飲食店でダイヤのAの単行本が置かれているのを見ました。

まんのう町の雰囲気が好きで私もよく訪れています。

 
 
残りの写真をまとめて
 
ハナアカリ 外観とネコ
 
猫のお出迎え。タイミングが合えば会えますW

cafe ハナアカリ 内装
 
天井のハリです。カッコイイ!
 
cafeハナアカリ 内装

 
二階に登ってきたところです。

とても趣がありますね。
 
cafeハナアカリ 内装
 
古いものを上手に使っています。
 
cafeハナアカリ 内装 cafeハナアカリ 内装
 

急な階段がおしゃれ!

機会があれば是非2階に行ってみてください。
 
 cafeハナアカリ 内装
 

カウンターもあります。

作業風景がみえたりします。

楽しい空間でした^^
 

関連商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top