迷子メール
クリック

神奈川県 A藤 様

2019年4月3日にご注文いただきました神奈川県のA藤様。

もっと見る

【いもゆで工房】 どんぐりライト 再入荷いたしました。

【いもゆで工房】 再入荷いたしました。

完売していましたどんぐりライトも再入荷しています。
 
「いもゆで工房」さんの作るどんぐりライトやペンには動物の角や木が使われています。今回再入荷してきたどんぐりライトにも。
 
どんぐりの帽子の部分が木で、実の部分は水牛の角。生き物の角らしい黄色とも薄いグリーンとも違う何とも言えない色合いにアイボリーが混じって、ある部分では急に全く違うこげ茶色が混じってきたり。ひびのような亀裂が入ったり繊維のような筋が見える部分も。
 
神様はどうしてこんな複雑で不思議な色や質感をこの角に与えたんだろうか…と考えてしまうような不思議な雰囲気です。
 
前回入荷分は小さなどんぐりライトでしたが、今回は大きなどんぐりになりました。ふつう見かけないような存在感のある大きなどんぐりが可愛く思えてしまって、作家様にお願いした逸品です。ライトを付けたときの内側から照らされる不思議な色合いもぜひ見ていただきたいです。
 
 

世の中には文房具マニアの方々がいらっしゃるようです。
本屋さんで「文房具屋さん大賞」とか「文房具図鑑」、「万年筆の全て」のような雑誌や本を見かけると、自分の知らない楽しいマニアックな世界があるんだと感じて、興味をそそられます。
 
 

ボールペンの魅力

 
私も文房具マニアの方のように、愛着を持って一生使い続けられる個性的な文房具との出会いを長年待っていました。
そんなときに出会ったのがボルトアクション・ボールペンです。
ボルトアクションボールペンは、通常見かける頭を押すと芯が出てくるボールペンとは構造が少し違います。芯の出し入れはボルト部分を押し、横へひねって溝にひっかけるという独特な動作で行います。
 
「ボルトアクション方式」とはライフルに利用されている構造で、ボルトを手動で操作することで弾薬の装填、排出を行う機構を有する銃の総称だそうです。ライフルの構造を利用したボールペン。とんでもなく男心をくすぐるではありませんか!(男じゃない私でも心引かれてしまいました。)
 
上品で洗練されたボールペンとは一線を画する、こんな個性派との出会いを待っていたのです。
 
どんな筆記用具も実際に書いてみないと書き心地は分りません。闇雲に良さそうなペンを購入して試してみるより、まずデザイン性なり素材なりをどうしようも無く気に入ったペンから試してみたいものです。そしてこんな素敵なペンなら字の練習だってしてみたくなるもの。
 
 

ハンドメイドボールペン作家 いもゆで工房

 
そんな一目で魅了されてしまったボルトアクションボールペンを制作する作家さん【いもゆで工房】
 
最初に目にしたのはボールペンでしたが、シャープペンシルなども旋盤による削り出しで作っておられます。
使う素材は洋白、真鍮、各種銘木、角など。手作業による製作ですので一点ずつボリュームもサイズも違います。ピューター小物も自宅で鋳造しておられるため、一点ずつ微妙に風合いが変わってくるそうです。
 
普通あまり見かけないほど持ち手部分が太いもの、長いもの、短いもの。
キュッと引き締まったウエストがあるもの。
木と金属の組み合わせの美しさ、素材の色のコントラスト。
いもむしモチーフの個性派シャーペン。
金属のオブジェのようなスタンド式。
どれ一つとっても飾っておきたくなるような、一生の宝物になりえるペンです。
 
 

関連商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top