迷子メール
クリック

福岡県  F野 様

2017年12月5日にご注文いただきました福岡県のF野様。

もっと見る

ネズミ ピアス 【 DECO vienya / デコ ヴィーニャ 】シルバー アクセサリー

ネズミ ピアス 【 DECO vienya / デコ ヴィーニャ 】シルバー アクセサリー
  • ネズミ ピアス 【 DECO vienya / デコ ヴィーニャ 】シルバー アクセサリー

¥9,180 ( tax ¥680 )

ご購入はこちら

 

【ネズミ ピアス】

 

花の香りを含んだ風が緑の草を撫でながら駆け抜け、最後には高く、手の届かない空に向かって吹き抜けていく。
運んでいくのは香りだけではありません。
草の種。花粉。落ち葉。糸を伸ばした小さなクモ。
自らの翼で飛び立つ鳥も、風の力を借りて、いつもより高く、遠く。
気持ちの良い大気の流れは飛べない生き物にも、また、けして動かない大地にさえも様々な形で恵みをもたらします。
 
草が生い茂る野原。
小さな生き物にとっては果てしなく広大で、毎日の冒険の場。
 
花の茎に登ってみたり、落ち葉の舌に潜って眠ったり、木の実を取って食べたり。
 
おや、今日はキノコが生えているのを見つけたぞ。
あれ、雨が降ってきた。
雲が流れて、暖かい日差しがさしている。
 
毎日毎日が小さな発見の連続。楽しく過ぎていく日々。
 
 
愛くるしいリアルなネズミがモチーフの片耳ピアス。

キャッチはネズミの尻尾の先端についていて、耳につけると耳たぶからネズミがぶらーん、宙返りでぶらさがります。人目を引くこと請け合いのアイテム。

 
また、目の部分は合成サファイアになっていて、青い瞳が神秘的。

造形が緻密で繊細、細部までの強いこだわりが見て取れます。

 
 コーディネートにオリジナリティーを取り入れたい、

そんな方にぴったり、のこだわりアクセサリーです!

【サイズ】モチーフ縦:19mm×横:15mm
【素材】:シルバー925 合成サファイア ポストキャッチ:シルバー925

 
こちらの商品は一つ一つハンドメイドですので色味に違いがあります。
白っぽいものやオレンジがかっているものなど個体差があります。在庫のある商品の色味が気になる方はご購入前にご質問ください。
 

【DECOvienya/デコヴィーニャ】

 
DECOvienya(デコヴィーニャ)のアクセサリーは、可愛らしさと素晴らしい造形力に少しの毒を加えて作られる。

 
動物たちの生き生きとした造形、丁寧に色付けされたカラフルさ、
気がつけばその小さくて可愛い世界感に引き込まれ、時を忘れて見入ってしまいます。

 
リアルで本物のような色使い、今にも動き出しそうな躍動感のあるデザイン、身につけた時の存在感…。

 
ただ動物をそのままアクセサリーとして作るのではなく、『今そこにいるような息遣い』『背景にある物語』までもが表現されています。
DECOのアクセサリーたちはまるで命を吹き込まれたように、輪郭のくっきりした存在感があるように思えます。

 
作品の中にはただ可愛いだけでなく、ドクロやコウモリ等をモチーフにしたちょっぴり『毒』を入れた作品もあり、その幅の広い作品造りも魅力の一つです。

 
動物に対する愛情、想いをいつも身につけたい…。
毎日を楽しく過ごすためのパートナーの様な存在。
近くに感じることで再認識される気持ち。

 
「愛着を持っていいものを長く身につけたい」、そんな思いを叶えてくれるブランドがDECOではないでしょうか。

 
DECOを制作するのは、三重県四日市市の1koubou(ワンコウボウ)・坂井明博さん。
ブランド名のDECOは、カメラの形に似た文字 凸 に由来します。

 
*専用の箱に入れてお送りいたします。
 

【素材】

 

素材は主にシルバーや真鍮です。

作品の中には丁寧に色付けされたものもあり味わいのあるものに仕上がっています。

肌にしっくりなじむアクセサリーの、そのやさしさと強いこだわりをぜひ実際に感じてみてください。

 

【アレルギーについて】

 

非常にアレルギーが起きにくいですが全くありえないという事は無い素材です。

かぶれたりなどの症状が出る人は一旦身につけるのを控え先ずは病院で調べてもらうことをお薦めします。

 

【素材】925スターリングシルバー

 

シルバー925とは、一般的には「シルバー」と呼ばれるアクセサリーで使われている素材の事です。
この925という数字は銀の含有率(純度)のことで、92.5%のシルバーが含まれていることを表しています。

 
残りの7.5%は?というと、銅などの金属を混ぜて銅と銀の合金にします。
シルバー925は92.5%の銀の含有率ですが、実は純銀として扱われます。

 
「価値のある」「本物」という意味を含んで使われていたことや、実際他の金属を少し混ぜないと
なかなか銀として日常使用するのが難しかったと言うこともあるためでしょうか、
日本でもシルバー925は「純銀」と見なされています。

 

【100%で作らない理由】

 

シルバーという素材はとても柔らかく、アクセサリーには少し不向きな素材です。
そこでシルバーをアクセサリーとして使えるように強度を増すために銅などの他の金属を混ぜ、合金にします。

 
合金に変化させることで銀は強度を持ち、アクセサリーとして日常で使えるような堅さになります。

 

【カラー仕上げの商品について】

 

ご使用いただくにつれ、少しずつシルバー(真鍮)地が磨かれ風合いが変化いたします。

 
使い込むほど味わいある色調に変化していく過程をお楽しみいただくことが出来る素材です。

 

【お手入れ方法】

 

汗などは、柔らかい布などでやさしく拭き取り、磨き布や洗浄液のご使用はおやめください

(白仕上げのものはシルバー洗浄液のご使用が可能です。)

 

【お取り扱いのご注意】

 

強い力や衝撃を与えますと破損するおそれがありますのでご注意ください。

サウナなど高温の場所やスキー場などの極寒地では、火傷、凍傷の原因となる場合があります。

また、デザイン上、商品の一部が尖っているものがございます。

ご理解のうえ、お取り扱いには十分ご注意くださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top